FC2ブログ

我慢できなかったのでナンパしてしまいました【FF14】

※本記事には漆黒のヴィランズのアム・アレーン後半のネタバレを含みます





















gatta1.jpg


遂にミンフィリアが自らの運命を決める(であろう)アム・アレーン後編に差し掛かったのですが
ほんまなんというか、道中のストーリー一つ取っても


面白すぎる・・・!!


トゥワインのイベントは「死んで尚生きていく者に何を残すのか」というのがテーマで
恐らくミンフィリアのこれからの決意に向けてのシナリオだったと思うのですが
それ一個取ってもとても泣けましたよね、はい


海外のゲームレビューで

「ストーリーのどこか一つでも詳しく語りたくなる」

ってのがあったんですが、まさしくその通りだと思いました。めっちゃ語りたくなる、早口で。




gatta2.jpg


んでクエスト受ける時のこの画像で遂に来るんやなって震えて




gatta3.jpg


いやトロッコ物理で押すんかい!って画面に向かってツッコんで






gatta4.jpg


サンクレッドさんのカッコよさに惚れて






gatta5.jpg


ミンフィリアに言われた時から既に選択肢は決まっていた事を示唆するシーンで泣いて






gatta6.jpg







gatta7.jpg


故に力の継承シーンはあっさり風味であんまり感情は揺さぶられなかったんですが







gatta8.jpg


サンクレッドに合流してからただ一言、「おかえり、がんばったな。」で涙腺が緩み







gatta9.jpg


その後のリーンの消え入りそうな声での「本当に、よかったの…?」で
完全に決壊しました。30後半のオッサンが画面の前で嗚咽までしてしまいましたね。
ほんまええ子やでリーンちゃんは・・・





ストーリーで一番気になっていたシーンを終え、その後も黙々と進めていたのですが
サンクレッドの戦いを終えたあたりから全く同じ場所でイベント中マークが出てる人と遭遇して
併走するのを見て


sukao2.jpg(おー、この人も同じとこすすめとるんやな)


と感動しました。


そう、自分はストーリーに関してはかなりの出遅れ勢なのに加えて
過疎鯖であるフェンリルなので、自分の周りに同じ進行状況で初見って人が全くいなくて珍しいんですよね。
PT募集しても当然ながらお手伝いさんばかりなのでちょっとした親近感を抱きながら進んでいると




gatta10.jpg


丁度大井戸のようなところで新たなIDが解放されて



sukao2.jpgやっべえ・・・





sukao2.jpgむっちゃ初見ナンパしてえ・・・!!



という気持ちがふつふつと湧き上がってきたのですが


・そもそもNPCで突入できる
・サブとかで初見じゃない可能性
・気持ち悪がられそう


などを思って躊躇したのですが、どうしても耐えられなくなって
コメントや解放してから暫く待ってみて突入してなかったので
思い切って誘ってみたらOK貰えました。やったぜ。




そしたらまあそれが面白くてですね






gatta11.jpg


頭にオケかぶったロボがボスにいて、「かわいいなこいつ」と思いながら戦闘に入ると
何やらチャージしだしたので、何やってくるのかな?と待っていると





gatta12.jpg


ブシャー!!


と高水圧放射やってきて誘った初見さんと一緒にぶっ飛ばされたり




gatta13.jpg


「俺のドリルが天を突く!!」
と言わんばかりに生成したドリルを振り上げてきたりと
かわいい見た目に反してめっちゃエグい攻撃をしてくる敵で笑いました





gatta14.jpg


ボスの方もちょっと今までのものとは変わったギミックを搭載しており
被弾・死亡しながらも楽しみながら一発突破できました。
あとここでクレメンシーが輝きました





gatta15.jpg
もちろん記念撮影も撮らせて頂きました


というわけでアム・アレーンパートは最高のストーリー目白押しだったし
同じ場所を初見さんと回れたしで非常に楽しめました。
お手伝いさんのお二人も非常におしゃべりで、楽しく攻略させて頂きました!


ナンパしちゃった初見さん、突然の申し出を受けて頂き本当にありがとうございました。
このお方、♀キャラだったのですが、もちろん♂キャラの場合でもナンパしてましたよ、うん。



拍手ボタン、もしくはツイッター上でで感想を頂けると嬉しいです!
ブログランキングにも参加しています!


いつもブログ訪問ありがとうございます!

テーマ: FINAL FANTASY XIV | ジャンル: オンラインゲーム



せめてエオルゼアで夏の思い出を作りたい人生だった【FF14】 | Home | 傭兵募集の話と昔話【FF14】