FC2ブログ

【FF14】おっさん昔話 ~クソマシアの呪縛とdistant worlds~ 後編【FF11】

AV9.jpg


【FF14】おっさん昔話 ~クソマシアの呪縛とdistant worlds~ 前編【FF11】


FF11のジョブバランスはそれはもう本当に格差がひどく
これを経験していればFF14のジョブバランスに後光さえ差すレベルに匹敵します。
(それ抜きでもFF14はかなり頑張ってる方だと思いますが)


当時大好きだった暗黒騎士も不遇寄りだったのですが
工夫次第で結構やれるところが本当に大好きで、このためにブログを立ち上げて
テクニックや工夫している点を周知させるために記事として書いていたのですが

当然不遇ジョブには変わりないので野良、身内ともに暗黒騎士での指定は無しだったのですが





AV7.png



そんな中での高難易度コンテンツへの暗黒騎士の指定は本当に嬉しかった!
今となっては定かではないですが恐らく暗黒騎士への熱意を買われての指定だったと思います。




AV6.jpg



このヒゲヒュム、普段から結構厳しめな口調なのですが、どこかネタを感じさせて面白く
発言全てに意味がある感じで、リーダーシップも高くそのイメージから周りに



AV12.jpg


教官


と呼ばれていました。


他にも


自らを「白魔大帝」と称する凄腕の白魔道士タルタル♂(ララフェル♂)


おっとり口調で場を和ませる狩人ガルカ(ルガティン♂)


参謀、もしくは秘書と見紛うレベルのまとめ役で中性的な喋り方から
リアル性別が気になったが結局最後まで分からなかったヒュム子(ヒュラ子)さん



確実にHIMECHAN枠なんだけどジメジメした側じゃなく
それを周りがイジり倒してネタにされるタル♀(ララ♀)
がいたり


暗黒騎士の先輩で色々なアドバイスを貰っていた
これぞ廃人よ!って感じのエルヴァーン♂(エレゼン♂)



今思えば超個性的な人が周りを固めてて
ストーリーを一緒に進めてて本当に面白かったです。


敵に見つからないように身を潜ませながらボスの場所まで進んだり
大抵誰か一人敵に見つかって結局戦闘になったり
クソ強くてこれ終わったわまた最初からだと思ってたら通りすがりの人に助けられたり

FF14で例えると、「マップ上の移動でさえ一つのコンテンツ」って感じでした。



ちょっと前にフォーラムで「FF14には冒険感が足りない」
周りの否定的な意見ガン無視で唱えてた元FF11プレイヤーを見たんですが、
たぶんこういうところを言ってるんじゃないかなーと思います。


ただ元FF11プレイヤーでもあと一回コレやるのはキツイです。






※お察しの通り今回もFF14要素かなり低めです。
お年寄りの昔のネトゲ話が続くので、興味の無い方はブラウザバックをお願いします。




つづきます


思い出多すぎィ!

いつもブログ訪問ありがとうございます!





そんな愉快な仲間たちとログイン時間を合わせながら進行していった
プロマシアミッション。


本当にFF14のストーリーでは考えられない程に高難易度だったのですが
その中でも一番の壁になったのが、FF14の現在の零式でおなじみ





AV13.jpg


オメガでした。


コイツを倒す事によって色々とうまみがある新しいエリアが開放されるのですが
とにかく強い!




AV14.jpg

オメガ(FF11辞典へ)

元々オメガはFF5で初登場したFFシリーズの顔のようなものなので
FF11にも敵の兵器として出現したのですが、リンク先のオメガの解説からなんとなくわかると思いますが
技の種類が豊富かつ強力!

コイツを倒せば新エリア開放、でも超難易度すぎて諦めて辞めていくプレイヤーが多数
更にこの頃のレベルキャップが75に対しこのオメガ戦は強制的に60になるので
最強装備が使えず、オメガ用にレベル60の装備を用意しないといけないというのが
クソマシアと呼ばれる事に拍車をかけていました。


もちろん自分らも新エリアを目前にこのオメガで詰まり
1ヶ月近く(うろ覚え)かけてようやくクリアしたのですが達成感がハンパなかったです。


このように悪目立ちばかりが先行してしまうプロマシアの呪縛なのですが
当時のMMORPGとしてはストーリーが面白く



AV15.jpg


その人気の高さから様々なFFスピンオフ作品に出張出演したプリッシュ



AV17.jpg


最初は謎の存在だったがストーリーが進む度に正体が判明していき
ラストは超熱い展開になるセルテウス君



AV16.jpg


そしてひんがしの国からフェニックスの力が宿る刀を携え
出張してきたテンゼン(!?)など
魅力的かつ特徴バリバリなNPC達がストーリーを彩ってくれるので
難易度の高さにめげず頑張ることができました。










そしてラスボス戦の圧倒的ラスボス感とそこに辿り着くまでの苦労
更に圧巻のBGMでテンションがMAXハイテンション(?)のまま
プロマシアミッションが終了したのでした。







AV20.jpg
タブナジアが見える丘


んで、全てが終わった後にFF11のオープニングで
獣人に滅ぼされてしまう都市が見える丘に行くことになるんですが、そこで唐突に














途中でかかってたBGMのアレンジバージョンが
歌付きで流れてくるんですよ・・・!!





不遇ジョブで誘って貰えた嬉しさ
数時間かけてもクリアできなかった時の悔しさ
クソ強かったボスを初めて倒せた時の達成感
そして教官たち仲間たちとクリアできたというやり遂げた感が混ざり合い





tokumitu2.png


泣くわ・・・っ


泣くわこんなん・・・っ!!






AV19.jpg
何十年経っても色あせない名作


例えるとラピュタ見終わって浮かぶラピュタをぼーっと見ながら
君をのせてを聞いてる感じ。なんかもうキツかったけど全て終わったんやなって・・・



んで、このプロマシアの呪縛のEDテーマのタイトルが
記事タイトルである「distant worlds」でして、以上の理由でとても思い入れが深いんです。
同じような方、大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

更にこの歌、歌詞を日本語に訳すと



夕日が海に落ちるのは 海の世界を照らすため

雲が空を泳ぐのは 星の言葉を伝えるため

水面が色をかえるのは 虹と契りを結ぶため

花がやさしく咲き誇るのは あなたの心を飾るため


天使であり獣である私たちは 知を求め 血を求め

時がすべてを流すのは 犯した罪を許すため


私は知っているすべてを あなたとの旅が教えてくれた

何のために私とあなたは生まれたのか


光を追いかけ影をひきずる私たちは

齢をこえて 弱さをこえて

人の想いに果てがないのは すでに扉が開かれているため


私は知っているすべてを それでもあなたに問いたい

どうして私とあなたが出会ったのか

私の世界とあなたの世界がつながる奇跡

私が生を受けたのは あなたに歌を歌うため


あなたと歌を歌うため

あなたの歌を歌うため



となり

この、ネトゲを通してのプレイヤー同士での冒険の果てを加味したかのような歌詞で




tokumitu2.png


二度泣けるんじゃ・・・っ!!






AV3.jpg


このあとも教官とその仲間たちには
クリアすることでいけるようになるエンドコンテンツでお世話になったり
バルデシオンアーセナルの元となったAVと戦わせてもらったり
AVと同じ系列で追加された最強敵であるパンデモニウム討伐隊に入れてもらったり
オフ会に参加してカニ食べたり徹マンしたりと非常にお世話になりました。



FF14でもこのバルデシオンとは是非戦ってみたいです!



以上、オッサンの自己満過去話でした





☆おまけ☆


Distant Worldsの別バージョン集







FF11のコンサートで歌われたバージョン。
実はOPと曲が繋がっているらしく
Opening→Distant Worldsの順で曲が流れます。
ゲーム内に比べてかなりアレンジがなされておりコーラスがすっげえ鳥肌です。
6:15あたりからの演奏からのルルルルッルルあたりでいつも泣きそうになる







Distant Worldsのハウスミックスバージョン。
公式ではなくファン作品なのですが、どう考えてもプロの仕業としか思えないような
アレンジと歌声で当時狂ったように毎日聞いてました。
この記事書くにあたって思い出して久しぶりに聞いてみたけど色あせないなあ・・・
後半の儚い感じが特に好きです。



ちなみにFF11は17年目で現役運営中!
気になった人は是非!俺は絶対やらんけど!

テーマ: FINAL FANTASY XIV | ジャンル: オンラインゲーム



ネトゲおじさんが語るファンフェス情報の感想【FF14】 | Home | 【FF14】おっさん昔話 ~クソマシアの呪縛とdistant worlds~ 前編【FF11】

コメント

No title

こんばんは。いつも影ながら楽しませてもらってます。
今回も「そうそうプロマシアこんなんだったわー」と
非常に懐かしい思いで読ませていただきました。

ちなみに、14のバルデシオンアーセナルとはダンジョン名であって
あいつはそのまま14でも「アブソリュートヴァーチュー」って名前です。
BGMもプロマシアからなので機会があれば挑戦してみてくださいw

2019/03/23 (Sat) 03:17 | 通りすがりのおっさん #I9hX1OkI | URL | 編集
通りすがりのおっさん

> こんばんは。いつも影ながら楽しませてもらってます。
> 今回も「そうそうプロマシアこんなんだったわー」と
> 非常に懐かしい思いで読ませていただきました。
>
> ちなみに、14のバルデシオンアーセナルとはダンジョン名であって
> あいつはそのまま14でも「アブソリュートヴァーチュー」って名前です。
> BGMもプロマシアからなので機会があれば挑戦してみてくださいw


ありがとうございます!

あ、AVって名前はそのまんまだったんですね、失礼しました!w
音楽プロマシアの流れるんですか!?そんなん
クソマシアリアルタイム勢だと絶対泣くやつじゃないですかやだー
ちょくちょく進めてるのでいずれは挑みたいと思います・・・!

2019/03/24 (Sun) 23:12 | スー #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する