5分で振り返る3.0ストーリー中編【ドラクエ10】

30ko00.jpg
わしが泣いたシーン



5分で振り返る3.0ストーリー前編【ドラクエ10】


バージョン3.0は最初に追加ディスク最初のストーリーなだけあって
かなりボリューミーになっているので、三編に分けることになりました。
つまり15分で3.0のおさらいができるって事だよォ!

しかしこうやって記事にすることで自分でも忘れてたストーリーが
いくつも思い出せるので書いてて本当に楽しいです。
バージョン1や2のストーリーも書いたろかな・・・

ってことでバージョン3.0ストーリーの続きです。
これを読んで今後のバージョン3のストーリーを
より深く楽しもう!


つづきます


深く楽しむ前にこっちも押してね!ブログランキング

いつもブログ訪問ありがとうございます!





























30ko1.jpg




30ko2.jpg


ドルワームではドゥラ院長が王族の身に何かあった場合でも
探知機を作成することで動向を追うことができるようにしようとしていたが





30ko3.jpg


ガテリア式真空管というとても特殊な部品がないと
遠方までの追跡ができないという弱点が。



30ko4.jpg


チリの父親であるダストンのガラクタ屋敷に
ガテリア式真空管があるという事なのだが
ダストンを説得するには他ならぬチリ以外は無理なので
護衛がてらドゥラ院長と共にガタラへ一緒に向かう事に。



30ko5.jpg


貴重=いらない物という特殊な価値観を持ったいつも通りのダストンは
既にカルデア洞穴に捨ててしまっていた後だった。






30ko6.jpg





30ko8.jpg








30ko9.jpg








30ko10.jpg








30ko11.jpg


ガテリア式真空管と引き換えにドルワームに保管してある
ガラクタを好きなだけ貰えるという交換条件をチリから出されたダストンは
意気揚々とカルデア洞穴に向かい
崖に落ちていた真空管を持ち帰る。





30ko12.jpg





30ko13.jpg


こうして探知機は無事に完成し。
ドルワームからガラクタを持ってくる事を約束するが
直接自分の目で見て選ぶと言って聞かないダストン。




30ko14.jpg



30ko15.jpg


しょうがないので用意していた特別便でダストンと共に
ドルワームに戻る事になった一行。

しかしそこにも蛇を携えた白いフードの男の影が忍び寄る





30ko16.jpg




30ko17.jpg


列車の走行中にフードの男の襲撃を受け




30ko18.jpg




30ko19.jpg




30ko20.jpg



冒険者やダストンの検討むなしくドルワーム王国の王族である
チリがさらわれてしまう。







30ko21.jpg


チリが着けている探知機によると
ダラズ採掘場の奥にあるダラリア砂岩遺跡に反応が出たのを知り
怒りのままドルワームを飛び出したダストンを追う。






30ko22.jpg




30ko23.jpg




30ko24.jpg






30ko25.jpg




目的のはずのチリに蛇が反応せず困惑するフードの男だったが
ダストンに反応した事でダストンが目的の人物だと確信し、魔物をけしかける。








30ko26.jpg




30ko27.jpg


魔物を撃退し、逃げるフードの男にチリの機転で発信機を取り付けることに成功。
これでフードの男の動向を探る事ができるようになった。





30ko28.jpg


そこにドゥラ院長と救出隊が到着するが
今頃来ても遅すぎる、とダストンからポンコツの称号を得てショックを受けるドゥラ君。





30ko29.jpg


そして敵の狙いがチリではなくダストンだった事実を知り
誘拐犯が王族を狙っているわけではないと推測するチリ。




30ko30.jpg


結果、ダストンを重要人としてドルワームで保護することになる。







30ko31.jpg


フードの男に取り付けた発信機は
エルトナ大陸の世界樹の丘にあることが判明し、追跡のためにエルトナ大陸へ。






30ko32.jpg


しかしそれはワナであった。
複数の魔物に囲まれ撃退するも、更なる数の魔物に囲まれて
ピンチに陥る冒険者であったが






30ko36.jpg




30ko38.jpg


居合わせたヒメアと森の精霊によって窮地を救われる。




30ko39.jpg


そして大魔王が倒され、世に平和が訪れた今
エルトナ大陸にもまた大きな時代の転機が訪れようとしていた。



30ko41.jpg


――――――まもなく世界樹の花が咲く。






30ko40.jpg


それは数百年に一度だけ起こる花開きの聖祭で
エルトナ大陸の民にとってはとても神聖で喜ばしい儀式。




30ko42.jpg


そしてその聖祭の介添役を任命されたのは
アズランの風使いを継承した、あのフウラ。

しかしその事にあまり喜びを感じていない様子のフウラ。






30ko43.jpg


・・・そう、世界樹の花が開くという事は、新たな巫女の誕生と同時に
現時点での巫女であるヒメアの命が終わりを告げることを意味していた。





30ko49.jpg


しかしヒメア自身はその事については既に覚悟しており
自らの天命を全うすることを願う。






30ko47.jpg




30ko48.jpg


その事に躊躇しつつも儀式に必要な聖なる水差しを持ち帰るフウラ。






30ko50.jpg





30ko51.jpg


人々が悲しむ中、花開きの聖祭が執り行われ






30ko52.jpg





30ko53.jpg











30ko54.jpg









30ko55.jpg



全ての儀式が終わり、ヒメアの命の灯が尽きたかに思えたその時









30ko56.jpg


フウラの身体にエルフの神エルドナが宿り






30ko57.jpg


世界樹の花をその時が来るまで守ってほしいという天命の元
ヒメアの魂が元に戻るという奇跡が起こる。
(この時ヒメアが困惑しながら自分の顔を手で覆うところマジヤバイ)








30ko58.jpg


しかしそこに突如現れたフードの男にフウラが捕まってしまう。






30ko59.jpg


そして誘拐を阻止しようと目の前に現れたのは
冒険者の弟であった。





30ko60.jpg


魔物を撃退したものの、死に間際に放った魔法を身を挺して受ける弟。




30ko62.jpg


フウラがフードの男によって連れ去られてしまい
弟からこれ以上神の器を追うなと忠告を受ける冒険者。




30ko63.jpg


弟とフードの男は仲間ではなかった。
となるとそれぞれの目的は?背後には何が?謎は深まるばかり。






30ko64.jpg




30ko65.jpg


六種族を司る六柱の神々からの
特別な加護を受けて生まれてきた子の事で、その子らを
「神の器」と言い、種族の神との魂の結びつきを持つのだそう。

つまり誘拐犯の目的は王族の子孫ではなく、神の器である人物であった。




30ko67.jpg



30ko66.jpg


ヒメアの風の力の導きによると
ランガーオ村に悪しき者が向かっているとのこと。

きっと神の器を悪用しようとしている者に違いない。

次なる神の器は誰なのか?
神の器を集めて一体何をしようとしているのか?


様々な謎を残しつつ、悪事を阻止するためあなたは
ランガーオ村へと急ぐのであった。



to be


3.0後編へ続く



これ、書いてて割と楽しい

クリックで応援おなしゃす!

テーマ: ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン | ジャンル: オンラインゲーム



新防具はもう少しバランスを考えられなかったのか【ドラクエ10】 | Home | 5分で振り返る3.0ストーリー前編【ドラクエ10】

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する