●ネトゲ脳が見る職業バランス①●

syok.jpg



恐らくネトゲで一番重要かつ盛り上がる要素
それが


職業バランスです。


バランス不変のオフゲーとは違い
ネトゲの職業バランスは変わっていきます。
そのバランス調整が行われる
バージョンアップでは


弱職が強化を願い

強職は弱体を恐れ

あらゆる妄想が行われ

職業比較煽りが起き

騒ぎたいだけの馬鹿が騒いだり

職業同士で励まし合い

より良い調整になる事を願い



色々な想いが交錯する


ある意味神の祭典とも言えるような
盛り上がりを見せます。過言ではなくw


ドラクエⅩも例外ではなく、バージョンアップの度に
盛り上がりを見せたようです。

この調整が下手だとユーザーから
バッシングを受け、顧客数にも関わるため
慎重にならざるを得ません。

特に弱体による調整にユーザーは
露骨に反発を起こすので、弱体は
最終手段とも言われています。


ドラクエⅩは長い間タイガークロー一強の時代が
続いたようですが、今現在では
かなり良い調整になってるのでは?
と思います。

というわけで今回のシリーズでは職業バランスと
現在実装されてる全ての職業の評価
そして強職と不遇職の分析をしていきたいと思います。

ドラクエⅩのバージョンアップごとの
変化が気になる方はリンクにも載せていますが


DQ10大辞典を作ろうぜ!!


こちらのwikiサイトの
職業やスキル説明にバージョンごとの
遍歴が解説されてあり非常に面白いです。
最近の昼休みなんかのオヤツがわりに見てますw


今回はMMORPGに欠かせない要素である
それぞれの職の役割

ロール

について説明していきたいと思います。




続きを見る前に順位を確認しよう!


いつもブログ訪問ありがとうございます!






ネトゲの職業には「ロール」と呼ばれる
役割的なものが決まっており、
ドラクエにもその概念があります。

このロールをリスト化すると

盾役
高い防御力と敵の攻撃を肩代わりするスキルなどで
味方を守る能力に長けたロール。
英語だと「タンク」


火力役
強力な攻撃力を持ち一点集中、範囲攻撃などで
敵を殲滅するロール。
物理型、魔法型が存在するのがほとんどで
どのゲームでもこのロールが一番多く
また一番人気がある。
英語だと「アタッカー」


回復役
味方の体力を回復させるPTに無くてはならない
癒し担当のロール。
アクションゲームとは違い敵の攻撃が回避できず
なおかつ強力すぎるドラクエでは必須な役割でもある。
英語だと「ヒーラー」


強化役
味方の能力を様々な方向に強化する
能力を持つロール。
必須ではないものの様々な局面に
有利な状況を作り出しやすい。
英語だと「バッファー」


弱体役
敵に様々な状態変化を起こし戦闘を有利に
進めることができるようになるロール。
これの有無で難易度が大きく変わる敵も
多数存在する。
英語だと「デバッファー」


特殊役
戦闘能力方面以外で活躍する能力を持つロール。
ドラクエでのこの役は主に金策、経験値稼ぎを
とても効率的に進める事ができるので
これらの目的のPTではひっぱりだこ。
しかしそのスキル分調整されているので
極度に強い強ボス戦などには苦戦を強いられる。



ドラクエに存在するロールはこの6つに分類されるかと思われます。


しかしながらドラクエⅩではこの職業がこれ!
と完全にロールが決まっている事は少なく
実装されている14の職業にそれぞれの要素が少しづつ割り振られており
それぞれの個性をうまく引き出しています。

更に武器の選択によりどの職業でも
若干ロールの変更が可能であったりするところが
ドラクエⅩの職業ロールの面白いところであると思います。

次からはネトゲ脳がこの職業ごとに散りばめられているロールと
特徴などを共に紹介。




モチベーションボタン、スイッチオン!

テーマ: ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン | ジャンル: オンラインゲーム



●ネトゲ脳が見る職業バランス②● | Home | ●最速?レベル上げ!●

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する