●ネトゲ脳が語るドラクエⅩ②●

nikage7.jpg



前回の続きです。

数々の他のネトゲではありえない調整や
ネトゲを感じさせない配慮から
生み出されるドラクエⅩ特有の


ユルさ


がどのようにネトゲとしての面白さに
繋がっているのかを書いていきます。




続きを見る前に順位を確認しよう!

いつもブログ訪問ありがとうございます!








ike3.jpg


サポートなかまが便利すぎて
ある程度の場所ならばサポソロで
行けてしまうドラクエⅩ。

前回の記事の最後に少し触れましたが
プレイヤー同士でPTを組ませたいのは
ネットゲームの常であり
そのように調整されます。




joaa.jpg





フレンドはサポとして連れていくだけで
ソロで短時間から気軽に遊べる。
このフレンドの希薄な関係や
PTを無理強いしないシステム



paz.jpg


今をときめくパズドラを代表する
ソーシャルゲームに似ています。


でもソロばっかだとオンラインの
意味ないんじゃないの?
と思われる方もいると思いますが
逆にその仕様がオンラインを感じさせる
一因となっていると思うんです。




nikage11.jpg



まず、街の賑わいが「活きています」。

前にやっていた、PT必須のゲームは
コンテンツに忙しいプレイヤーが多く
賑わっている街でもその準備で
走り回っているのみであり
どこかせわしない感じだったのですが
PTを強制しないドラクエだと
どこかゆったりな印象。




nikage13.jpg



白チャで世間話しているところも
度々見かけますし、同種族でなんとなく
集まってたり、恐らくティア充だと思われる
二人が寄り添っていたりと
走ってるだけでどこかほのぼのできます。
あ、ティア充爆発しろ(決まり文句)

とあるゲームでは一部のプレイヤーが
騒いで打ち立てた白チャ禁止の風潮が
強かったので人だけ沢山いても無言の
さながら東京砂漠フィールドが
展開されていましたからね・・・





megi3.jpg


1サバグレンは語るまでもなく
メギストリス名物の原始的な
討伐を買い求めるために作られる
行列も前にやってたネトゲを
思い出すので割と好きです。




nikage5.jpg


更に基本ソロで動いていると
フレンドさんとかから声をかけて貰える
機会が単純に増えますし
逆に誘いやすいのも嬉しいですね!


これがFF11だと数十人規模の
数時間かかるコンテンツに
毎週同じ時間に参加している人が多く
ログインしてても誘いにくく
ソロだとかなりできることに制限がかかるので
結果自分もどこかの団体に入らないと
ゲームを楽しめないという悪循環に...

中には1週間ビッシリゲームの予定が
詰まってる人なんかもいて
今だから言えますが正直気持ち悪かったですw


俺みたいな昔のガッチガチな
ネトゲ脳な人が少なく、ドラクエという
国民的なゲームが題材なのが原因で
オンライン慣れしていない層が多いのも
このユルく居心地がいい空間を
作り出すのに一役買っていると思います。
(もちろんそれ故の問題もあるようですが)


人と遊ばせるのを優先して
ゲームとして遊ばせるのは二の次


な他のネットゲームに対し

ゲームとしてちゃんと遊ばせて
その気があれば人と遊べる



という考えはまさに今のニーズに
合ったものだと思います。



その分コンテンツが少ないと言われているようですが
それは「コンテンツ型」視点での意見であって
「サンドボックス型」で見ると
ドラクエⅩは無限に遊ぶことが
できると思います。


今回も長くなったのでこのへんで。
次回は「コンテンツ型」と
「サンドボックス型」それぞれの視点で
見たドラクエⅩの楽しさについて
考察していきたいと思います。

たぶん次が最後になると思います!




クリックおなしゃっす!

テーマ: ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン | ジャンル: オンラインゲーム



●ネトゲ脳が語るドラクエⅩ③● | Home | ●ネトゲ脳が語るドラクエⅩ●

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する