【武闘家】とあるネトゲ脳の職業紹介:武闘家編【職業】


netogesyoku5.jpg

己の拳を武器に・・・ではなくドラクエ10ではきちんと武器を使用して戦う。
ネットゲームにおける「アタッカー」の位置にあたる職業の一つで
中でもとくぎによる瞬間火力、戦闘の安定力に特に優れており
自己回復や場所によって武器を使い分けることができる
多彩で面白い職業に仕上がっている。




netogesyoku1.jpg
hosi.gifhosi.gifhosi.gifhosi.gifhosi.jpg

瞬発力と安定性を買われて特にその二つが重要な場面が多い
コインボスに不動の席があり、その中でも難易度と需要が高い
「伝説の三悪魔」では前衛は武闘家2人が主流になっている。

武器を使いこなす事でピラミッドや試練の門、ラズレンダなどにも
十分に立ち回れるが、こちらは武闘家を募集しているのは稀。




netogesyoku2.jpg
hosi.gifhosi.gifhosi.gifhosi.jpghosi.jpg

基本的にツメさえあれば武闘家の仕事は最低限こなせるが
武闘家の持ち味である他のアタッカーに比べて安定性の高さを出すために
棍もできるだけ欲しいところ。
更に本気でやるのであれば範囲攻撃用に扇も欲しいので
ガチでやろうと思えば思うほど育成コストがかかる。

逆に全て揃うとトリッキーに立ち回ることができ
他アタッカーに比べても選択肢が多彩なので非常に動かしてて楽しいとも言える。




netogesyoku4.jpg
hosi.gifhosi.gifhosi.gifhosi.gifhosi.jpg

総じてアタッカーという職業は役割がハッキリしているため扱いやすいが
武闘家はやれる事が多いため、他に比べて多少慣れが必要なので★4に。




netogesyoku6.jpg

ツメ、棍、扇を装備できる。

ツメは武闘家の必須武器とも呼ぶことができ
特に100スキル「ゴールドフィンガー」は敵の強化を消すことができる貴重な効果を持つため
これを目的に誘われるケースもある。
「タイガークロー」を基軸にしつつCTが貯まったら140スキル「ライガークラッシュ」
一気に敵の体力をもっていくのが武闘家の基本的な仕事だといえるだろう。

棍はツメに比べて防御能力に特化した武器。
スキルによりみかわし率と武器ガード率が上がり
120スキルの「水流のかまえ」で敵の通常攻撃を高確率で無効化する事ができるので
回復役に余裕を持たせながら敵を攻撃することが出来る。おまけにピオリムもかかる。
ためる弐でスーパーハイテンション(以下SHT)になってからの
スキル150「棍閃殺」がFFか!とツッコミたくなる程のダメージを叩きだすので
瞬間火力枠としてもとても効果が高い。
「なぎばらい」も範囲攻撃としては及第点の威力を誇る。

扇は武闘家が装備する上での利点はSHTからの
120&140スキル「ピンクタイフーン」「百花繚乱」での超火力範囲攻撃。
これにより「範囲攻撃に乏しい」という武闘家の弱点を一気に払拭できるので
様々な場面に合わせて使い分けることができるようになる。
盾が持てるのも見逃せないポイントだ。




netogesyoku8.jpg

スキル100「ためる弐」はテンションを必ず二段階上げるという
非常に高性能なもので、2回使うことにより確実にSHTになることができる。
ここからの各種とくぎが武闘家の持ち味であり、「瞬間火力」という点で
他の職業の追随を許さない原因ともなっている。

その他にも他の職業でも使えるがブレス耐性を一気に上げる「心頭滅却」
一定確率で敵をひるませることができる「おたけび」なども元々は武闘家のとくぎ。

「不撓不屈」はパラメータ低下系と幻惑+毒を一気に治すという
いわばちょっと劣化したひかりのはどうであり、エスナでもあるという超高性能とくぎ。
一見地味だがとんでもなくすごいスキルで場所によっては必須なので
使える場面をきちんと把握しておこう。(代表的なのは三悪魔のアシッドブレス)

「めいそう」は自分をベホイミ程度回復できる。
基本は回復役に任せればいいが、SHTになった時などに
咄嗟にこれを使うことによりHPを全快する事ができたりと機転が効く。

そしてなんといっても野良での絶大な人気を誇る理由が
武闘家の必殺技である「一喝」
発動さえすれば耐性あるなし関係なく約2ターン敵の動きを封じる事ができるので
絶体絶命の状況でも運よくこれさえ発動できれば
まさに起死回生の一発逆転を狙うことが出来る。
少しでも安定率を上げたい野良PTにとって、これ以上無い必殺技なのである。




netogesyoku7.jpg

武闘家は武器、職業スキル共に非常に高水準にまとまっており
「戦士の両手剣」などの、いわゆる「死にスキル」というものが存在しない。

そつなくこなすのであればツメ140+きあい100でも十分だが
使うスキルポイントが多ければ多いほど汎用性と面白さが上がっていくので
面白さと需要をバッチリ兼ね備えた職業と言えるだろう。

その強さ故か、武闘家の130以降のスキルが少々残念だが
逆に言えば「きあい100で充分」なので間口が広がったとも言える。




いつもブログ訪問ありがとうございます!

テーマ: ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン | ジャンル: オンラインゲーム



●レンジャー8ドレアムリベンジ!● | Home | ●知の祝祭は色々と惜しい●

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する