【ドラクエ10】ターンエンドと相撲反撃【戦術】

どや珍戦術書もくじに戻る


turnend1.jpg


皆さんご存知の通りドラクエ10は一定時間で見えないゲージが溜まり
溜まりきったらコマンドが出現し、その中から行動を選ぶ
アクティブタイムバトル形式です。
敵もこのルールに準拠しており、行動ゲージが溜まると共に攻撃してきます。

しかし敵にはこの見えない行動ゲージとは別に


ターンエンドと相撲反撃


という二つの特殊な見えないゲージが存在します。
ドラクエ10初心者が聞きなれぬターンエンドという言葉はこのことです。



ターンエンドゲージ

逃げられたり相撲などで行動を妨害されて
本来攻撃する相手に攻撃ができない時間に溜まっていくゲージ。
満タンになると狙っていた相手への攻撃を諦め
別のプレイヤーに攻撃対象を移して決められた行動を行う。

この攻撃できずに諦めて行動される事を「ターンエンド」と呼び
ボス級の敵には特に危険な行動が設定されていることが多い。
ターンエンドゲージが溜まりきる時間は15秒が通説だったが
バージョンが進むにつれ3、4秒で溜まる強敵も現れるようになった。



相撲反撃ゲージ

・こちらから敵を押す
・敵からこちらが押される

このどちらかの条件を満たしている場合に溜まっていくゲージ。

通常行動ゲージより長く設定されている事が多く
相撲を解除することにより即座にゲージが消滅するため
普通に戦っている場合は滅多に受けない攻撃なのだが

相撲状態を解除しないとゲージが消えずに残り

更に追撃をされてしまう。


パラディン構成や相撲合戦をやっているとよく二回連続攻撃される現象を見るのは
これのせい。敵には基本ターンを貯めるという習性は無い。



というのがターンエンドと相撲反撃の主な内容です。


続きで例を挙げて
敵の行動と見えないゲージがどう関連しているのかを解説していきます。


いつもブログ訪問ありがとうございます!

















dodeka.png



今回は例としてどデカニードルを使いたいと思います。

コイツは普通の行動パターンは

アサシンアタック、チクチクしている、ためる

の3種類しかなく、頻繁にアサシンアタックをしてきて
即死を狙ってくるかなりの危険モンスターなのですが・・・

ターンエンドの行動は「通常攻撃」のみに設定されているので
それを利用するのと、たまに二回連続攻撃してくる時があるが
その際に見えないゲージがどうなっているのか?


というポイントを図で見ていきましょう。



dodeka2.jpg


まず、このような陣形を作り、壁役が延々とニードルを押しながら
ターゲット持ちの人が逃げているとします。

ターンエンド
■■■■■■■■■■<通常行動溜まったからチャージ開始!

通常行動
□□□□□<チャージ完了!

相撲反撃
□□□■■■■<相撲してるのでチャージ中・・・

すると、敵の行動ゲージが溜まり、アサシンアタックを仕掛けるべく
ターゲットされた人に向かって走って行きます。
そこに壁役が敵のカベになり、相撲が発生するので
同時に相撲反撃ゲージも溜まっていきます。



dodeka3.jpg


ターンエンド
□□□□□■■■■■<チャージ中・・・

通常行動
□□□□□<攻撃できNEEEEEEE

相撲反撃
□□□□□□□<チャージ完了、けど通常行動が溜まってるから待機・・・

更に逃げ続けているとターンエンド行動が溜まっていきます。
相撲反撃ゲージも溜まってしまいましたが、各ゲージの優先行動順位が


ターンエンド>通常行動>相撲反撃


なので、ターンエンドが溜まるorターゲットに行きつくまで
攻撃してこないのでその間に壁役3人で自由な時間ができます。
ここまでは他の記事でも紹介した戦術「タゲ下がり」通り。


dodeka4.jpg


ターンエンド
□□□□□□□□□□<チャージ完了!即時にタゲ変えて特定行動!

通常攻撃
□□□□□<ターンエンドの行動と共に消滅!チャージ再開!

相撲反撃
□□□□□□□<俺の出番まだかな・・・


逃げ続けてターンエンドゲージがMAXになったので
敵はターゲットへの追跡を諦め、即座に別にターゲットを移して
ターンエンド行動を取ります。
今回の相手であるどデカニードルは「通常攻撃」のみなので
ランダムにあてられた元壁役の一人に殴りかかりました。

この瞬間にターンエンドと通常行動ゲージがリセットされますが
前述した

ターンエンド>通常行動>相撲反撃

の優先順位が崩れるので

ターンエンド
■■■■■■■■■■

通常行動
■■■■■

相撲反撃
□□□□□□<他のゲージ溜まってないな!相撲反撃すっぞ!

この状態になり、更に相撲反撃を受ける事になります。


あれ?今敵が2回行動したぞ?

と思うことがあるのはこれが原因です。




相撲反撃ゲージの解除方法は「相撲をやめる」であるため
これを解除するためには


・相撲をやめる

・ターンエンド行動直後に相撲をやめる



こうすることにより


dodeka5.jpg


ターンエンド
■■■■■■■■■■

通常行動
■■■■■

相撲反撃
□□□□□□<さて相撲反撃s・・・あれ?




dodeka6.jpg


ターンエンド
■■■■■■■■■■

通常行動
■■■■■<また最初からチャージ!

相撲反撃
■■■■■■<何もせず相撲ゲージ消滅!


となり、二回行動に見える相撲反撃をやり過ごすことができます。



■まとめ


敵のゲージは個別で3つある


一定時間妨害されて攻撃できなかったら
ターゲットを変えて特定の行動をするのがターンエンド


一定時間相撲すると溜まるのが相撲反撃ゲージ
相撲をやめることでリセットできる



そして一番重要なのが


ターンエンド後は即座に相撲行動をやめる


これで2回行動もどきを抑えられるわけですね。



これらとどや珍戦術書の初めに紹介したタゲ下がりを同時に理解しておくと
安定度が格段に上がります。是非習得しておきましょう。



次回はこれらの要素を利用した強敵との戦いを例に上級編として解説します。


どや珍戦術書もくじに戻る




クリックで応援おなしゃす!

テーマ: ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン | ジャンル: オンラインゲーム



【ドラクエ10】壁スイッチ【戦術】 | Home | 【ドラクエ10】僧侶4人で試練行ってみた【ネタ構成】

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する