【ドラクエ10】敵の行動の先読み【戦術】

どや珍戦術書もくじに戻る


sakiyomi2.jpg
↑理想


sakiyomi3.jpg
↑現実


実はニュータイプ能力がなくても、敵の行動をあらかた
先読みできる方法が存在します。その方法とは


敵の行動前の動き


に隠されており、この法則は特例を除きほぼ全ての敵に適用されるので
その法則を理解すれば直下の敵の行動を察知でき
より有利に戦闘を進める事が可能になります。



詳細は続きからどうぞ!



いつもブログ訪問ありがとうございます!




















■敵の移動と行動の法則


sakiyomi4.jpg


敵は、行動を実行する前に

必ず決まった移動方法を実行します。

詳しくは以下の通り。


☆タゲ追いタイプ
ターゲットに向きを変えながら走ってくる

=通常攻撃or単体とくぎorブレスや突きの前方範囲とくぎなど



☆棒立ちタイプ
向きを変えるが、その場に留まる

=自身を中心とした範囲攻撃or自己強化とくぎorその他とくぎなど



☆距離取りタイプ
ターゲットに対して距離を取り、ターゲットに向く

=ターゲットを中心とした単体or範囲魔法など



敵が何かをする直前までの行動と移動は全てこの法則が適用されるので
敵ごとの危険な技のタイプと照らし合わせると
見てから避けられない技も先読みで回避することが可能です。




■先読み行動例


sakiyomi5.jpg


わかりやすく解説するために
一気に全滅してしまう可能性のある危険な技、ゴールドシャワーを持つ
ブラバニクイーンを例に出してみます。

まず、ブラバニクイーンの技は

通常攻撃、超ちからため、ギガデイン、BBQスティンガー、ゴールドシャワー

となっており、これを上記の法則に全て当てはめると


ターゲットに向きを変えながら走ってくる
→通常攻撃、BBQスティンガー

向きを変えるが、その場に留まる
→超ちからため、ゴールドシャワー

ターゲットに対して距離を取り、ターゲットを向く
→ギガデイン



に例外なく分ける事ができます。
そしてこの中で最も危険な技は当然「ゴールドシャワー」。
つまり

少し離れてもその場に留まっているブラバニクイーンを確認したら
敵が行動する前に距離を取ることで




newtypesake.jpg
そこっ!


ニュータイプのような直感回避ができます!


ただし、同じ事前行動タイプに超ちからためも入っているので

ゴールドシャワーだったらドヤ顔

超ちからためだったら何食わぬ顔で続行


しましょう。お兄さんとの約束だぞ!

ただし、全員が密着していると

タゲ追いタイプと棒立ちタイプの見分けがつかない

ので、前衛の場合は少し距離を取って
こっちへ走ってくるか/こないかの見分けが必要になりそうです。

もし、その場から動かずに明後日の方向を見ている場合は
棒立ちタイプが後衛を向いている事になるのですぐ判別できますね。



sakiyomi6.jpg


そしてこの法則は全ての敵に適用されるので
ピラ8層の前衛泣かせであるファラオ・ヘルマも
うまくやれば前衛構成でもゴールドシャワー被弾無しで倒せる!?かもしれません。


このように、敵の危険な行動の移動パターンを知っておくと
危険を察知して事前に対策が取れるようになるので死亡率がガクッと下がります。

強敵に挑む場合はただ闇雲に攻撃、行動するのではなく
行動順が2回まで貯まるのを利用して、安全に回避した後に攻撃
更に攻撃途中に危険な技がきた場合は中断まで視野に入れておくとパーフェクトです!




sakiyomi7.jpg

この他にも

・ヘルバトラーが足踏みしたらあくま神官召喚

・ビッグモーモンがその場に留まったら魅惑のおどり

・ピラ7層の秘宝の魔兵長がその場に留まったらマダンテ

・悪夢の右手&左手がその場(略)たたきつぶし


など、全体的に見て、事前行動タイプが

棒立ちタイプのものは危険な技が多い

ことが分かるので、もし誰にも向いておらずその場に立ち尽くした相手が見えたら
とりあえず距離を取れば戦闘が安定すると思います。




■動画で実際に確認してみる








試練の門攻略記事でも紹介した
チームリーダーゆっきーさんが撮った試練の門動画から
ブラバニクイーン戦を抜粋。

こちらのブラバニの行動とその直前の移動方法に注目してください。

1ターン目:けぃかいさんと距離がある状態からギガデイン
=距離取りタイプ

おたけびでしばらく行動ナシ

2ターン目:距離関係無しにその場で超ちからため
=棒立ちタイプ

3ターン目:ひっかかりながらスーに接近し通常攻撃
=タゲ追いタイプ

4ターン目:ゆっきーさんに接近し通常攻撃
=タゲ追いタイプ

5ターン目:他の敵とその場を入れ替えながら超ちからため
=棒立ちタイプ

6ターン目:ターンが溜まっていたためその場から動かずゴールドシャワー
=棒立ちタイプ

7ターン目:ゆっきーさんに通常攻撃が刺さり全滅
=タゲ追いタイプ


・・・と、行動とその直前の移動方法が全て法則に一致してるのが分かると思います。








ブラバニクイーンだとゴチャゴチャしてわかりにくいので
もう一本ゆっきーさんの動画を紹介。

ドラゴンガイア強の行動は

タゲ追いタイプ=2回攻撃、もえさかる火炎、はげしいおたけび

棒立ちタイプ=竜眼


となっており、こちらと距離を取って行動する距離取りタイプが存在しません。

注目してもらいたいのが2:20頃に後衛にガイアが向かっていき
竜眼を使うですが、その前は向きだけ変えつつその場から動こうとしていません。

直後、タゲ追いタイプであるはげしいおたけびが移動している最中の
マサヤさんに飛んできており、難を逃れています。

その後も、相撲をしていますが竜眼を使う時はその場から必ず動かないので
竜眼を使う直前は必ずガイアは棒立ちになっているのがわかると思います。

これが動画で見る行動の先読みですね。伝わったかなあ・・・



■まとめ


・敵の行動と直前の移動方法には法則がある!



・移動の法則は


☆タゲ追いタイプ

☆棒立ちタイプ

☆距離取りタイプ

の3種類に分けられる!





・その法則と行動を理解していれば

一見回避不可能なものも避けられる!




これを徹底すれば、前回紹介したタゲ下がりと合わせることにより
死亡率が更にガクッと下がることかと思います。

とはいえ、こちらはかなりマイナーな上級者テクニックだと思うので
慣れてきたら意識する感じでOKだと思います。



どや珍戦術書もくじに戻る




目指せ100位以内!クリック応援おなしゃす!

テーマ: ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン | ジャンル: オンラインゲーム



●勇者ダテの卑猥な冒険● | Home | ●僕のメイン職業を紹介します2月版●

コメント

No title

はじめましてー。
twitterの方からきました。
最近になってピラ8層に行くようになったので今回の記事はためになりました~。
これをマスターすればだいぶクリアーしやすくなりそうです!

2015/02/22 (Sun) 19:50 | カニバケツ #- | URL | 編集
Re: No title

いらっしゃいませ!
そうですね、ピラ8層の最も危険な行動の一つが判別できるのは
かなり有利に働くと思います。止まってたら逃げて!みたいな。

これ知ってれば他の場面でも役立ちますので
是非一緒に攻略している方にも教えてあげてください!

2015/02/22 (Sun) 22:54 | スー #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する